登山者向けの雑誌などでもよく取り上げられる
登山家御用達の サーモス「ステンレスボトルFFX-500」通称「山専ボトル」を買いました。
一度筑波山に持っていきましたが、筑波山座るスペースもなく、
夢だった山のてっぺんでカップラーメンを食べる を果たせぬまま春になりました

近々、リベンジしたいとおもいますが、その前に・・・・
本当にサーモスの山専用ボトルは保温性高いのか、気になったので温度計使って
測ってみました


パッケージに書いてある説明は
24時間→50℃以上
6時間→77度以上

私が実験してみたときの室内気温は12℃でした
 IMG_9484
熱湯で内側を温める作業を少しサボったせいで
最初の気温が92℃からになりました

IMG_9490
二時間半経過で88.5℃になりました。
うん。確かに保温性高いっ!!!
私が会社に持って行っているタンブラーは
70℃IMG_9485
くらいになるので、くらべるとこれはすごい

実験結果
実験してみたけど、意外と100℃に近い温度を注ぐ作業が
難しいことに気づきました(笑)
多分、ちゃんとお湯で内側あたためても、
蓋をしめるまでに95℃くらいに下がりそうです。

頂上に付くころには80℃後半くらいまで下がったお湯になりそう。
普通のカップラーメンだとめんがかたくなりそう

これはJALの 85℃あたりでも美味しく食べられるカップラーメンが相性いいかな

とおもいました♪
 IMG_8221