image



平地では水が沸騰する温度が100度。でも富士山だと・・・・・
小学か中学の頃理科の実験で水が沸騰する温度を調べました。私の住む土地の沸点は99度でした。
沸点というのは、高い山に行けば行くほど気圧の関係で低くなるというのを習いました。
富士山頂上の沸点は87-88度あたりらしいです。

富士山はバーナー持込禁止だった気がしますが、

仮に 普通のカップラーメンを持参して、お湯をその場で沸かしたとしても
87度のお湯で食べることになります

その温度だと、3分たっても微妙な硬さの麺をたべることになるかも

山に行く予定でカップめんを山頂でたべたい!!という人におすすめのカップめんがあります。
それがこちら

JALの国際線長距離機内食としておなじみ○○ですかい シリーズです
image
○○ですかい シリーズはうどん、そば、らーめん、ちゃんぽんがでています。それぞれ商品名の後半に「ですかい」がついてます。
空を意味する「SKY」をかけた商品です。

うどんですかい

ちゃんぽんですかい

らーめん(しょうゆ)ですかい

そばですかい


私はユーラシア大陸横断したときにたくさんもっていきました。
シベリア鉄道の中でほぼ毎日たべてました。
なかに飛行機のかまぼこがはいっているのと、こってりよりあっさり系の味なのできにいっています。

飛行機会社の機内食カップめんがなぜ山に持っていくカップめんとしていいのか、、、、
JAL○○ですかいシリーズにはこんな秘密があるんです。
image

約85度のお湯でおいしく食べられる!
高度があがればあがるほど、気圧が低くなっていきます。
飛行機に乗ると、気圧で耳が変な感覚になるくらい、地上と空の気圧はちがいます。
JALの機内食カップめんは気圧の低い機内食用として開発されていて、約85度のお湯でもおいしくできる点が最大の特徴
約85度のお湯でたべることができるものはコンビニなどのカップめんコーナーには並んでいません。
近所ではなかなか手に入らないカップめんですが、空港に行く予定の人はゲットしてみてください。

ちなみに、伸びにくくなっているところも特徴です。


日本の主要飛行場でうってます。あとは有楽町駅前のJALのお店、JAL通販サイト「JALショッピング」でうってるよ
成田空港や羽田空港にはJALのお店があります。そこならたいてい置いてあると思います(免税店エリアにはあるか不明)
有楽町駅前にあるJALのお店にもずら~~っと並んでます。JALの機内で飲める「スカイタイム」というジュースもうってます。
あとはJALショッピングで買うのが便利です。

通販サイトの値段をみると、
同じ味15個入り→2,073円(税込)4種とも同じ値段。

そば・ちゃんぽんですかい(各15個)4,146円(税込) 76マイル
らーめん(しょうゆ)・ちゃんぽんですかい(各15個)4,146円(税込) 76マイル
うどん・そば・らーめん・ちゃんぽんですかいセット(各15個)8,292円(税込) 154マイル


JALのマイルがたまるらしい。

JALの機内食カップ麺「ですかい」シリーズおすすめのひと
・高い山で湯を沸かしてカップめん食べる人
・海外旅行先で日本食が恋しくなりそうな予感するひと
・山専ボトルでカップめん持参して食べる予定のひと
・春休みや夏休み、子どものお留守版用ごはんとしてカップめんストックかんがえているひと
・給湯ポットのお湯だと普通のカップめんがちょっと生煮えになると感じる人
・非常食用にカップめんを箱買いかんがえているひと



販売元リンク先→マイルがたまる JALショッピング

人気のですかいカップ麺からスカイタイムまで♪-JALショッピング


関連記事