IMG_7049

私は大体15時までに下山する日帰り登山スタイルなのですが、
一度だけ、四国八十八か所を歩いてまわった時、到着が夜になったことがありました。
その時予約していたのが山の上のお宿で、外灯一つない山道。
しかも不覚にもライト持ってくるのを忘れて、金剛杖で路を触って確認しながら登ったことがありました。
それ以来ライトは持ち歩いています。

ただ、ヘッドランプ(ヘッドライト)はいままで使ったことがありませんでした。
今年はいろんな山に登りたいと思ったので、ヘッドランプを買いました。

Coleman(コールマン) トレッキング ヘッド ランプ
スポーツデポではいろんなランプが売られていました。
登山用の靴売り場、バックパック売り場の周辺にずらり並んでいます。

スポーツデポの人気ヘッドランプは
ハイマウント Highmount
サンジェルマン SAINT-GERMAIN
サウスフィールド SOUTH FIELD
Coleman(コールマン)

などが並んでいました。
値段は1000-3000円あたりで販売されています。

私がコールマンを選んだ理由は、知り合いがコールマンのモデル?をやっていたことがあったので
なんとなく(笑)
私が購入したのは

Coleman(コールマン) トレッキング ヘッド ランプ CHT7 LEDハイパワー
店頭販売価格は2499円と値札がはってありましたが、
半額でしたww実はこの商品、型落ちで半額で買いました。
ネット大手ではもうどこにもでてません。amazon、楽天などで在庫なしになってます

登山雑誌では、山登りは5000円以上のヘッドライトがいいよ
とかいてあったので、私の買い方は参考にしないほうがいいかとおもいます
私は「登山者が多い山に日中に登る初心者」
なので、このくらいの値段のでいいかな?とおもい買いました。
IMG_7054

私の買ったヘッドライトは
①明るさ70ルーメン
②選べる4段階光量調節
③暗闇で目が順応しやすい赤色LED仕様のナイトビジョンモード搭載
④手元が照らしやすい可動式ヘッド

スペックは
連続点灯時間 9-25時間
照射距離 51m
重量 約75g
サイズ 7x5x4cm(本体)66x2.5cm(ヘッドバンド)
使用バルブ LED
使用電源 単四電池3本

今まで使っていた懐中電灯と比べるとスペック高いですが、
やっぱり、現在流通している型の方が性能が高い。
今から買う予定の人は新しい方のを買う方がよいと思います


コールマンのページによると、
現在流通しているコールマンのヘッドランプのスペックは



商品説明/仕様
遠くまで照らすスポットビーム周囲を照らすワイドビーム
遠近同時も可能な200ルーメンヘッドランプ

■シーンに合わせて5つのモードに切り替え可能
■照射距離約67m

 ●明るさ:約200lm(ルーメン)
●使用バルブ:LED
 ●サイズ:約7×3.5×4(h)cm (ボディ)/約70×2.5(h)cm (ヘッドバンド)
●重量:約76g
 ●材質:ABS樹脂、他
●連続点灯時間:約4時間(High)/約67時間(Low)
●使用電源:アルカリ単4形乾電池×3本(付属)
●防水性能:IPX4対応(水没以外の雨や水しぶき等あらゆる天候で使用可能)

IMG_7052

ヘッドランプデビューで買ったコールマンのヘッドランプ開封してみた
インフルエンザあがりなので、まだ山には登れませんが
はじめてヘッドランプ手にしたので、どんな仕様なのかきになり開封しました

おもったより軽くてイメージとちがいました
私のアイフォンより軽いかも
IMG_7055

バンド部分がしっかりとした生地で、伸び縮みするタイプのものでした。
深めに装着すれば、歩いているうちにすっぽぬける ということもなさそう

ランプですが、スライドすることによって照らす場所を調整することができます
IMG_7058

IMG_7057

電源はてっぺん。PCとおなじ電源マークが大きくでてます。
ただ、電池がまだはいっていないので明るさとかはまだわからず。

電池はボディの左横にフタがあって、
そこを時計回り反対にひねってでてきた電池入れにはめるみたいです。
IMG_7061
はよ買ってこないと